MENU

 草食系の年上の男性とのメール交換がとっても順調で、毎日彼からメールが届くのが楽しみになっていました。
確かにメールの書き方なんか見ても、完全に草食っていうイメージだったし、優しさのあるから凄く安心出来ました。
童貞と処女のやりとりなんだけれど、お互いに草食同士と言うこともあるからなのか、とっても良いペースを作ることが出来ていました。
メールで興味が出てくると、相手はどんな感じの男性なんだろうという興味が湧き出てきます。
もしかしたら凄くオタクでキモイ感じだったらどうしようか、そういうマイナスな事まで考えてしまったりして。
もしルックス的な部分でダメだったら会わなければいいんだし、思い切って彼に聞いてみようかって思いました。
「なんなら写メを送るけど」
「うん、見せてください」
彼がすぐに添付をして送信してくれました。
それを見てビックリするばっかり。
だって彼無茶苦茶イケメンだったんです。
キャンパス内だってなかなか見つける事が出来ないぐらい良いルックスをしているんですから、ただ驚いてしまいました。
「あの…有希さんって、こんなにイケメンさんなのに経験が無いんですか?」
「うん、カッコ悪いよね、積極的になれなくてまた未経験なんだ」
何だか夢の様な気がしてしまったんです。
だって、装飾でわたしとソフレになりたいと言ってくれる童貞の男性が、こんな素晴らしい顔をした男性だったんですから。

この人だったら全く問題ないし、メールでもしっかりと相手の事を把握出来ていたから、一緒に寝て貰っても良いって思ってしまいました。
わたしの写真も見せたらとても喜んでくれて、「かわいい人で良かった」って言ってくれたのです。
だから2人して、会ってみようという話になりました。

 

サポート付きの掲示板で好みのソフレを探そう
ソフレ募集サイトランキング
有名定番サイト登録無料